具志川城跡

2013年2月1日
国指定史跡 具志川城跡
    
指定年月日  1959(昭和34)年12月16日 琉球政府指定史跡
1972(昭和47)年 5月15日 国指定史跡
所  在  地  糸満市字喜屋武具志川原・同カネク原
     
      

  沖縄本島最南端、糸満市字喜屋武の海岸崖上に築かれたグスクです。陸続きの東側城門は切石積みで、他は崖に沿って野面積みの石積みで築かれています。伝承によれば、久米島具志川城主の真金声按司が伊敷索按司の二男真仁古樽に攻めれられて喜屋武に逃げ延び、故郷の具志川城と同じ城を築いたといわれています。県内には同名のグスクが具志川市にもあって、いずれも海岸近くに立地しますが、形態的には異なっています。
  糸満市では、2000(平成12)年度から2012(平成24)年度までの計画で保存修理事業を行っており、これまでの発掘調査で「虎口」、「基壇」、「土塁」などの遺構が新たに確認されています。