市史だより131 (「広報いとまん」 平成13年5月号)市内9ヵ字で村落調査を実施

2013年2月1日
市史だより131 (「広報いとまん」 平成13年5月号)
市内9ヵ字で村落調査を実施
   
 糸満市教育委員会では昨年度に引き続き、今年度も4月から兼城や賀数など市内9ヵ字で村落調査を実施しています。調査執筆員によってまとめられた調査結果は、『糸満市史資料編13 村落資料』のなかで紹介されます。村落調査へのご理解とご協力をよろしくお願いします。
   
主な調査項目

 ・現 況  字の立地、地名の由来、小字の現況と土地利用、主な産業等

 ・村落伝承  村落発祥に関する伝承等

 ・村落構成  腹・門中について

 ・村落組織と活動  自治会の構造図、ムラの運営、婦人会・青年会・老人クラブの活動等

 ・生業  サーターヤー、物の流通、生活の道

 ・衣食住

 ・人の一生  成人への過程、婚姻、成年祝い、葬制と墓制

 ・祭祀と信仰  拝所やカー、ウマチーなどの祭祀

 ・年中行事

 ・遊び

調査執筆員名

 ・曳 田 和 彦 (兼城担当)

 ・大 城 敏 伸 (賀数担当)

 ・当 間 浩 和 (阿波根担当)

 ・玉 江    稔 (潮平担当)

 ・金 城 弘 和 (潮平担当)

 ・伊 敷    賢  (豊原担当)

 ・金 城 亜矢香 (真壁担当)

 ・大 城 藤 六 (真栄平担当)

 ・大 城 弘 明 (福地担当)

 ・上 原    博 (大度担当)
   
 前記の字以外にも教育委員会では市内全域の村落行事や各字に伝わる歌謡、民話等の調査並びに情報収集も行っています。市民のみなさんからの情報を心よりお待ちしています。お気軽にご連絡ください。
   
   
市史だよりNo.130/131/132/133/134/135/136/137/138/139/140
141/142/143/144/145/146/147/148/149/150/151/152