介護(介護予防)サービス利用後の自己負担額

2015年9月16日

 

介護(介護予防)サービスを利用した場合は、原則としてかかった費用の1割(一定以上所得者は、平成27年8月から2割)の自己負担額を支払いますが、居宅サービスを利用したときは、それぞれの要介護度に応じて利用できる金額に下記のとおり上限が設けられており、その限度額を超えてサービスを利用した場合は、超えた分の金額も全額自己負担となります。

自己負担が高額になった場合や所得の低い人には、負担を軽減するしくみ高額介護(介護予防)サービス費の支給もあります。

 

高額介護(介護予防)サービス費の支給

高額に該当する場合は、サービス利用月の6ヵ月後に「介護保険高額介護(介護予防)サービス費給付のお知らせ」と申請書を市役所より郵送しておりますので、窓口にて申請お願いします。

第1段階と第2段階は世帯合算ではなく、個人ごとの負担上限額になります。

介護サービス利用後の自己負担額及び高額介護(介護予防)サービス費.pdf(2.89MBytes)

(ページの先頭へ戻る)

 

お問い合わせ

介護長寿課
電話:098-840-8133
ファクシミリ:098-840-8152