後期高齢者医療制度が始まりました

2013年2月1日

後期高齢者医療制度が始まりました

今まで75歳以上の方は、国保や、会社の健康保険などの医療保険に加入し、「老人保険」で医療を受けていましたが、平成20年4月からは高齢者だけの新しい医療制度「後期高齢者医療」で医療を受けます。 沖縄県内に住む、75歳以上の方(一定の障害がある65歳以上の方は申請することによって)全員が対象です制度の運営は、沖縄県内の全市町村が加入する「沖縄県後期高齢者医療広域連合」によって行われ、保険料も沖縄県全体で決められます。新しい医療保険証が一人に一枚交付され、各自が保険料を納めることになります。保険料は原則として年金から差し引かれることになりました。 病院や薬局等で支払う自己負担額は、これまでの老人医療と変わりません。