口座振替利用について

2016年4月28日
【口座振替利用】
 国民健康保険税納付を口座振替にすることで、納め忘れの心配がなくなります。
 一度手続きすることにより、翌年度からの分も自動的に更新されますので簡単・便利・安心です。

●納税通知書(国民健康保険証)
●預金通帳
●印鑑(通帳お届け印)

 これらを持って、市町村指定の金融機関もしくは市役所で手続きしてください。
 ※特徴(年金天引き)から口座振替へ切り替える場合は市役所窓口のみの受付となります。
 口座振替日は納期限日となっています。(毎月末日、末日が土日・祝祭日の場合は翌営業日)

口座振替に関する注意事項】
 口座振替の際は、国民健康保険税の内訳別での振替となります。

納期限を過ぎた国民健康保険保険税に関しての再振替はできません。
 納付書での納付をお願いします。
納税義務者の変更・預金者の氏名変更・国保を喪失するとき等は
   口座振替の変更・解約手続きが必要になります。

  口座振替について詳しくは国民健康保険課(☎840-8127)まで