ごみの出し方

2013年3月19日

糸満市が収集するごみの5分別について

○家庭から出るごみは、市が指定している曜日や収集場所を守って午前8時30分までに出してください(※地域におけるごみ収集ルートと収集時間は、複数の業者が輪番制で担当しているため毎月異なります)。
○一家庭から出るごみ袋は5袋までにしてください(※1袋=10キロを目安として出してください)。
○家庭ごみは、指定ごみ袋に入れて出してください。それ以外の袋に入れて出すと収集できません(※資源ごみの紙類は、ひもなどで十字に縛って出してください。ただし、雨の日に紙類を出す場合は、透明な袋[指定袋は不要]に入れて出してください)。
○ごみ袋の口はきちんと縛ってください(※例外として傘と蛍光灯のみは飛び出していても回収します。また、ごみ袋を縛るため、ガムテープやひもなどは使用しないでください)。
○家庭の引っ越しなどで出た多量のごみは、糸豊環境美化センター(☎997-3078)へ各自で搬入してください。
○粗大ごみを出すときは、住んでいる地域の粗大ごみ収集日の前日16時30分までに富士盛産業(☎994-7979)に連絡してください(※1回で6点まで受け付けます。また、家電リサイクルに該当する物や処理困難物は粗大ごみとして出せません)。
 →家電リサイクル/冷蔵庫・冷凍庫・洗濯機・衣類乾燥機・エアコン・テレビが該当します。
 →処理困難物/タイヤや車のバッテリーなどが該当します。
糸満市のごみの出し方ポスター表面(PDF形式:2120KB) (新しいウィンドウで開きます)
糸満市のごみの出し方ポスター裏面(PDF形式:387KB)(新しいウィンドウで開きます)
↓↓武富ハイツ、兼城ハイツ、パークタウン阿波根、西崎ニュータウンに住んでいる人は、下記の内容をご確認ください↓↓
モデル地区ごみの出し方ポスター表面(PDF形式:584KB)
モデル地区ごみの出し方ポスター裏面(PDF形式:4KB)
※午前8時30分までに市指定のごみ袋に入れて出してください。 

可燃袋デザイン.jpg

燃やせるごみ

・生ごみ

・草木(青草なども収集しますが、右記の注意事項を確認してください)

・プラスチック類

・衣類

・革製品

・紙くず(カーボン用紙、感熱紙、ちり紙)

糸満市の指定ごみ袋が必要です。スーパーやコンビニ等の小売店で購入してください。

※生ゴミはしっかりと水切りをしてください。 

※平成25年度から、草木に関しても青草でも指定袋に入れて袋の口がちゃんと縛られていれば回収します。また、枝類については、直径(太さ)1センチ以内、長さ30センチ以内、重量は10キロ以下で指定袋に入れて出してください(市指定の袋が破れないように注意してください)。

不燃袋デザイン.jpg

燃やせないごみ

・金属類(なべ、フライパンなど)

・金属を含む混合物(時計や機械類など)

・ガラス類(割れ物等の危険ごみは「危険」と書いて、

新聞紙等で包んで出して下さい。)

・陶器類(お皿や陶器製の鉢植えなど)

・小型の電化製品(ドライヤー、炊飯器、トースターなど)

・スプレー缶(※中身は使い切るか穴をあけて捨ててください)

 

糸満市の指定ごみ袋が必要です。

スーパーやコンビニ等の小売店で購入してください。

※収集業者が持ち運べる重さ(10kg)を目安に出してください。

 

※目安として長さ30cm以内のもの。収集車が壊れてしまう恐れがあります。

(収集業者が、収集車が壊れると判断したごみに関しては、収集しない場合があります。)

 

 

※使い残した油やスプレー缶の中身などは、新聞紙・布などに染み込ませて、

燃やせるごみに出してください

 

不燃袋デザイン.jpg

有害ごみ


・蛍光灯、

・水銀の混ざってる製品(水銀体温計、水銀温度計、水銀血圧計など)

 

糸満市の指定ごみ袋が必要です。

スーパーやコンビニ等の小売店で購入してください。

 

 

※割れないように燃やせないごみ袋にいれて、

有害ごみ収集日(燃やせないゴミの曜日の第1週目)に出してください。


・乾電池

 

 

※市内の小売店、スーパー、コンビニに設置している乾電池回収箱に入れてください。

 
粗大ごみ

・電化製品(家電リサイクル法対象品目を除く)

・家具

・寝具

・木の枝

・その他(指定袋に入らないごみ)

 糸満市粗大ごみシールが必要です。

お近くのスーパーやコンビニ等で購入してください。

 

※事前に電話による申し込みが必要です。

 (有)富士盛産業 098‐994-7979

資源袋デザイン.jpg

資源ごみ

・紙類 ダンボール、紙パック、本類、新聞紙類は、各品目ごとに
十字型にヒモでしばって出して下さい(※糸満市指定の袋不要です)
※写真、カーボン、感熱紙 ⇒ 「燃やせるごみ」
・ビン類 ビール瓶、酒瓶、その他の瓶類(ふたをとって中身を軽く水洗いして下さい)
・カン類 アルミ缶、スチール缶(軽く水洗いして下さい)
・ペットボトル 飲料水用容器など
(下の表示マークのあるものだけがペットボトルです)

※紙類はヒモでしばって出し、カン類、ビン類、ペットボトル類はそれぞれ分けて指定袋に入れてください。

 

(ページの先頭へ戻る)

ごみの収集日

収集日は地域によって異なりますので、詳しくは 糸満市のごみの出し方ポスター裏面(PDF形式:11KB) を御覧下さい。
日曜日及び正月(1月1日〜3日)、子供の日(5月5日) 勤労感謝の日(11月23日)、台風等の災害により警報・勧告発令時のごみ収集は休みです

(ページの先頭へ戻る)

市が収集しないごみ

※下記のごみは、市が収集しませんので、それぞれの処理方法で処理してください。

 

市が収集しないごみ 処理方法 業者など(住所・TEL)
店舗、会社、事業所などから出たごみ 許可業者と契約して処理するか、
直接環境美化センターへ搬入する。
(身分を証する書類と事業所を証する書類が必要)
「ごみの自己搬入について」 参照
「糸満市の許可業者」参照
(許可業者と契約する場合)
引越し、空き地清掃などで大量に出たごみ 直接環境美化センターへ搬入する。
(身分を証する書類が必要)
「ごみの自己搬入について」参照
環境美化センター
糸満市束里74番地の1
TEL 997−3078
家電リサイクル法対象品目
(テレビ・洗濯機・衣類乾燥機・冷蔵庫・冷凍庫・エアコン)
「家電リサイクル法について」参照  
家の新築・増改築又は修理によって出た建築廃材 請負業者への引取り、若しくは産業廃棄物処理場へ搬入する。 専門業者など
タイヤ・バッテリー 買い替え時に業者への引取り若しくは専門業者への依頼をする。 専門業者など 
給油所等
引火性の強いもの
ガソリン・灯油・塗料・ガスボンベ・ベンジンなど
専門業者への処理依頼をする。 給油所等
薬品類
農薬・その他の毒・劇薬物など
購入した店舗等に相談する。 アサヒプリテック(株) 
西崎町5丁目15番地の2
TEL 852−3741
農協等

大量に出たビニール・発泡スチロール・プラスチックなど

 専門業者への処理依頼をする。

県産業廃棄物処理協同組合
西原町小那覇1198番地
TEL946−7019

グランドピアノ

 業者への処理をお願いする。

ピアノサービスセンター那覇
TEL885−0962

その他搬入できないもの

ボイラー・モーター・石・レンガ・ファイバー製品等

 産業廃棄物処理場へ搬入する。 専門業者など

 

※草木類に関する搬入について

 草木類は青草のままだと、環境美化センターで焼却処分できませんので、必ず枯らしてから搬入して下さい。また、木は直径15センチ×長さ1メートル以内にしてください。
 枯らすことや切ることが難しい場合は、下記業者にて処理できます(有料)。

事業者名住所電話番号品目
(有)高山ソイル産業 糸満市字豊原585番地の1 995−2667 草木、伐採木の受け入れ(大きさは問わない)
株式会社 照屋土建 糸満市西崎5丁目14番地の7 992−5644 草木、伐採木の受け入れ



(ページの先頭へ戻る)

有効利用しよう大切な資源

ペットボトル、プラスチック類、木くず、紙くず、繊維くずは下記業者に搬入し、資源を有効利用しましょう。

許可番号事業者名住所電話番号
22号 (有)富士盛産業 糸満市字大里933番地 994−7979

 

家電リサイクル法について

 
テレビ・洗濯機(衣類乾燥機)・冷蔵庫(冷凍庫)・エアコンの4品目は、家電リサイクル法により、リサイクルが義務付けられています。
過去に購入した販売店や買い替えをする販売店にリサイクル料金・運搬賃等を支払い引き渡して下さい。
購入した販売店を覚えておらず、買い替えの予定もない場合は下記の業者にリサイクル料金・運搬賃等を支払い引取りを依頼してください。

(ページの先頭へ戻る)   
事業者名住所電話番号
サウンドビデオ 糸満市字糸満20番地 994−7584
アキラ電器 糸満市西崎5丁目11番地の15 994−4933
デオデオ・サンエーしおざき店 糸満市潮崎町2丁目2番地 992−8800