制度を利用する場合の手続(両制度共通)

2013年2月1日

制度を利用する場合の手続(両制度共通)

請求の方法

 

  • 開示請求等のご相談は、市政情報センターにお越しください。
  • 電話や口頭での請求は原則としてできません。
  • 個人情報の開示請求をするときは、本人であることを証明する書類(運転免許証、旅券など)の提出又は提示が必要です。

開示等の決定の期限

 

  • 請求した日から起算して15日以内に、開示等の可否を決定して、通知します。
  • 正当な理由があるときは、決定の期限を請求した日から起算して45日以内まで延長することがあります。

開示の実施

 

  • 開示の実施は、「市政情報センター」で行います。

費用は

 

  • 情報の開示等を請求したり、その情報を見たりするのは、無料です。
  • 情報の写し(コピー)が必要なときや郵送を希望するときは、それぞれ費用を負担していただきます。

その他

 

  • 住民票の写しの交付など、他の法令でその手続が定められている場合は、いままでどおりです。

請求から開示までの流れ

 

画像:請求から開示までの流れの説明