都市計画の制限

2013年2月1日
都市計画の制限
開発行為の制限
都市計画区域(糸満市全域)において、次の開発行為を行うときは、あらかじめ県知事の許可を受けなければなりません。ただし、農林漁業用の建築物や病院・学校等の公共施設については開発許可を受ける必要はありません。
・市街化区域における1,000平方メートル以上の開発行為
・市街化調整区域における全ての開発行為

※開発行為とは、主として建築物の建築又は特定工作物の建設を目的とする土地の区画形質の変更を行うことです。
都市計画施設等の区域における建築の規制
都市計画施設の区域又は市街地開発事業の施行区域内において建築物の建築をしようとする者は、県知事の許可を受けなければなりません。
許可基準
・階数が2階以下で、かつ、地下を有しないこと。
・主要構造物が木造、鉄骨造、コンクリートブロック造その他これに類する構造であること。