いつまでも元気でいるために

2013年4月16日

4月16日、小波蔵公民館で「小波蔵区自治会デイサービス事業開所式」が開催されました。

糸満市の地域デイサービス事業は、公民館など地域の高齢者の健康状態を確認しながら体操やレクリエーションを行い、健康と生きがいづくりを図るといったもので、市内41カ所目の開所となります。

利用者を代表して伊敷静江さんが「待ちに待ったデイサービス事業でうれしい気持ちでいっぱい。みんなで集まってゆんたくしたり、歌って踊って、これからも素晴らしい人生を歩んでいきましょう」とあいさつしました。

上原裕常市長は「皆さんにはデイサービスを利用して、いろいろな話をしたり、レクリエーションなどを通して心も体もリフレッシュしてもらいたい。いつまでも元気でいるために、しっかりと健康づくりができる環境を整えていきたい」とあいさつしました。

その後、地域の方々によるかぎやで風や三味線演奏、カチャーシーなどが披露され、会場を盛り上げました。

利用者の伊敷キヨさん(81)は「近くにデイサービスができて、歩いて行けるのでとてもうれしい。友達もたくさんいるので、みんなで集まっていろんなことをするのが楽しみです」と笑顔を見せました。

地域デイサービスに関して詳しくは介護長寿課(☎840-8114)まで。

司会を務めた稲福智昭区長「ずっと楽しみにしていました」と話す伊敷さん

地域の方々により余興が披露されましたたくさんの利用者が参加しました

お問い合わせ

秘書広報課
広報広聴担当
電話:098-840-8118