ふるさと納税制度について

2016年11月1日

ふるさと納税とは

「ふるさと納税」制度とは、自分の生まれ育った故郷や自分とかかわりが深い地域など、応援したい地方公共団体(都道府県や市区町村)に対して寄附を行った場合、2,000円を超える部分について、個人住民税所得割額の2割程度を上限として、寄附金控除にさらに上乗せして特例控除できる制度です。

控除対象者

個人住民税の納税義務のある人

控除対象となる地方公共団体

すべての都道府県、市区町村(自由に寄附先を選択できます)

控除方式

税額控除方式

税額控除適用下限額

2,000

控除対象となる寄付金額

寄附額から2,000円を差し引いた金額
※ただし、個人住民税所得割額の2割程度が上限になりますので、2,000円を超える金額がすべて控除になるわけではありません。

住民税の寄付金控除額の計算方法

ア【基本分】 とイ【特例分】 の合計額を税額控除
 ・ア(地方公共団体に対する寄附金-2,000円)×10% 
 ・イ(地方公共団体に対する寄附金-2,000円)×(90%-所得税の限界税率)
 ※限界税率とは、寄附者の方に適用される所得税の税率のことです。また、イの控除額は個人住民税所得割額の20%が限度額になります。

関連サイト

くわしくは → ふるさと納税(ポータルサイト)/総務省
B 寄付金控除の計算方法  
C 寄付から税額控除までの流れ
D 寄付金ごとの軽減額モデルケース

お問い合わせ

税務課
市民税係
電話:098-840-8128
ファクシミリ:098-840-8153