交通死亡事故多発緊急アピール

2013年12月27日

12月17日現在、県内の交通死亡事故は47件発生し、48人の尊い命が失われています。これは前年同期と比べて10件(11人)の増加となっています。また、12月に入り5件発生し、高校生2人を含む5人が死亡しています(道路横断中の死亡事故が3件発生)。

最近の交通死亡事故の情勢としては、平成19年から平成24年(昨年)まで死者数は40人台で推移していますが、例年、これから年末にかけて交通死亡事故が多発する傾向の中で、今年は死者数が50人台になることが懸念されるなど、極めて憂慮すべき状況にあります。

【今年の死亡事故の特徴】

〇夜間(日の入り後)の事故/31件(31人) ※うち20件が深夜(22時~5時)

○歩行者などの事故/20件(20人)

○二輪車が関連する事故/17件(17人)

○飲酒絡みの事故/8件(8人)

となっており、事故原因については、

○運転者側の前方不注視・安全不確認

○歩行者の横断歩道外での横断

などとなっています。

【ドライバーの皆さまへ】

○自分の車を相手に知らせるため、早めのライト点灯の励行

○交差点では一時停止をするなど、安全確認を徹底する

○道路を横断しようとする歩行者を見掛けた場合は停車し、安全に横断させる(歩行者優先)

○右左折や車線変更する際は、二輪車や自転車に十分注意する

○飲酒運転は絶対にしない、させない、許さない

【二輪車を運転する皆さまへ】

○自己の運転技量を過信せず、安全な速度で走行すること

○車両間のすり抜けや対向車線にはみ出すなどの無謀運転はしない

○交差点では右折する車両に十分注意すること

【歩行者の皆さまへ】

○道路を横断する時は、横断歩道を利用し車が止まったのを確認して横断する

○夕暮れ時や夜間は、相手から見やすい目立つ服装を心掛け、反射材を着用する

○お年寄りや子どもの横断を見掛けた時は、安全誘導するなど積極的に手を差し伸べる

などを実行してください。

これから、学校や職場は年末・年始の休暇に入り、イベントに伴う夜間の外出や飲酒の機会が増えることから、重大事故の発生が懸念されます。悲惨な交通事故を1件でも減らすため、引き続き皆さまのご協力をお願いします。

【問い合わせ】

糸満警察署☎995-0110                    

お問い合わせ

市民生活環境課
電話:098-840-8123