不発弾磁気探査について

2019年9月10日

 戦後70年を経過していますが、未だに多くの場所に不発弾が眠っています。

 沖縄県では、市町村を申請窓口として県民の生命・財産を守るため不発弾探査の推進を進めています。

沖縄県パンフレット.pdf(3.93MBytes)

事業の種類

1.広域探査発掘加速化事業(畑や原野など、主に建築工事を行わない土地に対して不発弾探査を行う事業です。)

 (1)100平方メートルを超える土地が対象です。

 (2)申請書と同意書(要押印)の提出が必要です。

 (3)探査終了までの期間は申し込みから半年程度で土地の調査を開始し、1年程度で不発弾探査を実施します。また、探査前には県担
   当者から土地所有者に確認の連絡を行います。

 (4)探査に係る費用として、申請者の負担はありませんが、樹木の伐採や所有物の撤去などは申請者が行う必要があります。

 (5)申請者からの要望をもとに、県が探査の計画を立て、不発弾業者と契約します。

1.磁気探査要望申請書(要望箇所一覧表).pdf(58.4KBytes)

2-1.磁気探査同意書.pdf(60.0KBytes)

2-2.磁気探査同意書(記入方法).pdf(70.4KBytes)

 2.住宅等開発磁気探査支援事業(住宅の新築・建て替え、その他民間工事を行う際の不発弾探査費を補助する事業です。)

 (1)面積に制限はありません。

 (2)申請予定表の提出が必要です。

 (3)探査終了までの期間は1月を目安としております。(県担当者と調整が必要です。)

 (4)探査に係る費用は、深さ5mまでは原則補助いたします。

 (5)契約は、申請者が不発弾探査業者と直接契約します。

住宅等開発磁気探査申請(市町村提出様式).pdf(112KBytes)

 さらに詳しい内容は、県のHPをご確認ください。
https://www.pref.okinawa.jp/site/chijiko/bosai/jyuutakujikitannsa.html

喜屋武1t爆弾.JPG
1トン爆弾(喜屋武)

 

武富250kg爆弾.JPG
250キロ爆弾(武富)

 

真壁5インチ艦砲弾.JPG
5インチ艦砲弾(真壁)

申請窓口

総務課防災係☎840-8245

 

関連ワード