B型肝炎ウイルス感染者給付金等の支給について

2016年4月6日

B型肝炎ウイルス検査、受けましたか?

昭和23年から昭和63年までの間で、満7歳になるまで集団予防接種やツベルクリン反応検査を受けた方は、B型肝炎ウイルス感染の可能性があります。

これらの集団予防接種などにより、B型肺炎ウイルスに感染された方(これらの方々の相続人を含む。)に、病態に応じて50万円から3,600万円の給付金などを支給する仕組みがあります。

B型肝炎ウイルスに感染しているかどうかは、肝炎ウイルス検査で分かります。職場などの健康診断で肝炎ウイルス検査を受ける機会がない方は、都道府県などの保健所で検査を受けることができます。 
 (※過去に肝炎検査(HBs抗原・抗体 HBe抗原・抗体)を受けた方はご遠慮ください。)

■詳しくは、http://www.gov-online.go.jp/useful/article/201206/3.html
■厚生労働省ホームページhttp://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/b-kanen/
■厚生労働省電話相談窓口☎03-3595-2252
B型肝炎ウイルス感染者給付金2016_ページ_1.png 

B型肝炎ウイルス感染者給付金2016_ページ_2.png