軽度・中等度難聴児補聴器購入費等助成事業について

2016年1月26日

■1月から軽度・中等度難聴児に対する新たな助成が始まります。

 

【内容】
 身体障害者手帳の交付対象とならない軽度・中等度難聴児の言語の習得、教育などにおける健全な発達を支援することを目的として、補聴器購入費などの一部を助成する制度です。

 

【対象】
 次の要件をすべて満たす児童が対象となります。
 ・ 糸満市に居住し、住民登録されている18歳未満の児童
 ・ 両耳の聴力レベルが30デジベル以上70デジベル未満で、身体障害者手帳の交付の対象とならないこと
 ・ 補聴器の装用により、言語習得などに一定の効果が期待できると身体障害者福祉法第15条に規定する指定医師の判断があること

 

【注意事項】
 ※ 助成対象者および助成対象者の属する世帯員のうち、市民税所得割額が46万円以上である人がいる場合は助成対象外となります。
 ※ 他の法令などの規定(障害者総合支援法など)による給付が受けられる場合は対象外となります。
 ※ 事前申請のため、購入後・修理後の助成は受けられません。

 

【助成金の額】
 補聴器の購入または修理に要する費用と基準額を比較し、いずれか低い額の3分の2を助成します。
 ※ 市民税非課税世帯および生活保護世帯は自己負担がありません。

 

【制度の概要】
 申請に必要な書類などについて詳しくは、下記の資料をご確認ください。
 軽度・中等度難聴児補聴器購入費等助成事業の案内.doc(33.0KBytes)

お問い合わせ

社会福祉課
障害福祉係
電話:098-840-8130
ファクシミリ:098-840-8152