座波地区の一部で公共下水道を供用開始します

2017年8月4日

■座波地区の一部で公共下水道を供用開始します
 平成29年4月から座波地区の一部で公共下水道が利用できるようになりました。
 座波公民館のに当たる座波の南から西にあたる一部地域において、4月から公共下水道の供用が始まりました。この区域にお住まいの人は、早めに公共下水道に接続してください。

  H29zaha.gif

■公共下水道についてのよくある質問 (Q&A) 
 毎日の洗濯や台所、トイレやお風呂で使われ汚れた水は、そのままだと川や海に流れ込んでしまいます。こうした水を1カ所に集めて、きれいな水に戻してから自然に返すのが公共下水道の仕組みです。海や川を守り、家の近所や地域を衛生的にする大事な役割があります。
 詳しくはこちらから。
  

■公共下水道接続補助金について
 糸満市では、浄化槽や汲み取り式トイレから公共下水道へ接続するための改造工事について、一部補助金を交付します。
 詳しくはこちらから。
  

■糸満市の公共下水道について
 糸満市では、昭和54年から公共下水道事業を開始しており、その区域を順次拡張していています。
 詳しくはこちらから。
 

【問い合わせ】 水道部 工務課 下水道係☎840-8145

 

 (ページの先頭へ戻る)

関連ワード