【第2次糸満市男女共同参画計画 ~ いちまんVIVO(ビボ)プラン ~ 】中間見直しに向けた答申について

2016年4月27日

 3月29日、「第2次糸満市男女共同参画計画 ~ いちまんVIVO(ビボ)プラン ~」の中間見直しに向けて、 糸満市男女共同参画会議より答申を頂きました。
 今回の答申は、国の第4次男女共同参画基本計画に基づき、本市は3つの柱です。

【1 あらゆる分野における女性の活躍】
 女性の社会進出に伴う、従来のしくみの改善、ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)への取組等

【2 安全・安心な暮らしの実現】
 子ども・女性の貧困状況の改善やDV(ドメスティック・バイオレンス)・児童虐待等への対応、社会的弱者への支援等

【3 男女共同参画社会の実現に向けた基盤の整備】
 教育・学習の場における意識変革

 答申の重点要望として大城美根子会長は、「それぞれの可能性を、生まれ育った環境や経済的な優劣で左右される事がないように、本市に生まれて・住んで良かったと思えるような人々を育むことが重要です。その視点を市の職員が忘れず全庁的に取組んでほしい」と話しました。

 ※「VIVO(ビボ)」とは? : スペイン語で「生き生きとした」という意味です。

 VIVO(ビボ)プランについて詳しくは秘書広報課(☎840-8183)まで。

【第2次糸満市男女共同参画計画 ~ いちまんVIVO(ビボ)プラン ~ 】中間見直しに向けた答申.pdf(769KBytes)
答申書.pdf(91.8KBytes)
要約.pdf(260KBytes)

DSC_0026.JPGDSC_0035.JPG

お問い合わせ

秘書広報課
男女・平和・交流係
電話:098-840-8183