糸満で育まれたチャレンジ精神!男女共同参画週間講演会

2016年6月30日

6月23日~29日は男女共同参画週間です。今年は「意識をカイカク。男女でサンカク。社会をヘンカク。」をキャッチフレーズに、男性と女性がそれぞれの個性と能力を発揮できる社会を実現するための取り組みを行います。

6月29日、糸満市役所3階会議にて、糸満市女性団体連絡協議会主催で、レキオファーマ株式会社の奥キヌ子さんを講師に招き、講演会「新薬開発に夢かけて~糸満で育まれたチャレンジ精神~」が開催されました。

奥さんは糸満市で育ち、琉球大学農家政工学部を卒業後、植物の輸入事業や、飲食店経営など様々な事業にチャレンジし、その後医薬品研究開発会社を設立しました。「糸満は昔から男たちが魚を取り、女たちが魚を売るという、いわば男性が製造、女性が販売を担っている社会だったので、女性が商売をするということに抵抗なく事業を始められました。しかし現実として女性は出産などもあり、女性が起業するのは男性よりも難しいのが事実です。絶対やっていくんだという気持ちがあれば必ずうまくいきます。世界の半分は女性なので、女性の能力を生かしていくことで、よりよい豊かな社会をつくっていけると思います」と話しました。

講師.jpg聴く人たち.jpg

お問い合わせ

秘書広報課
広報広聴担当
電話:098-840-8118