インフルエンザ警報発令中!

2019年1月11日

インフルエンザの報告数が南部保健所管内において警報レベルになりました。

今年で一番多い報告数になっているので、より一層注意しましょう。 

流行の拡大を抑えるためにも咳エチケット、手洗いなどの感染予防策を徹底してください。

※沖縄県の流行状況については、 『沖縄県感染症情報センター(インフルエンザ関連情報)』をご確認ください。 

【インフルエンザとは】
 インフルエンザとは、インフルエンザウイルスによって引き起こされる感染症です。おおむね1~3日の潜伏期間の後、38度以上の発熱、頭痛、咳、咽頭痛、鼻水、関節痛、筋肉痛などの症状が出ます。また、おう吐や下痢など消化器症状が出る場合もあります。
 通常の風邪に比べて全身症状が強く、子どもや高齢者、免疫力の低下している人などは、肺炎など重症化する場合もあります。
 インフルエンザの主な感染経路は、咳やくしゃみに含まれるウイルスを吸い込むことによる「飛まつ感染」と、ウイルスが付着した手で口や鼻に触れることによる「接触感染」です。

 

【インフルエンザの予防】
 ▼咳エチケット
  咳やくしゃみをする時は、ティッシュやマスクを口と鼻に当て、ほかの人に直接飛まつがかからないようにしましょう。
 ▼手洗い
  手洗いは予防の基本です。外から帰った時などは手を洗いましょう。また、咳やくしゃみを手で覆った時は手を洗いましょう。
  → 正しい手の洗い方.pdf(356KBytes)
 ▼予防接種
  ワクチン接種は、感染しても発症を抑えたり発症後の重症化防止に有効とされています。体調や持病によっては薦められない場合もあ
 ります。医師と相談してから接種してください。

  →平成30年度高齢者インフルエンザについて http://www.city.itoman.lg.jp/docs/2018090400028/
 ▼適度な湿度の保持
  空気が乾燥するとインフルエンザにかかりやすくなります。加湿器などを使って適切な湿度(50%~60%)を保ちましょう。
 ▼十分な休養とバランスの取れた食事
  体の対抗力を高めるため、日ごろから十分な休養とバランスの取れた食事を心掛けましょう。
 ▼流行時には、人混みや繁華街への外出を控えましょう。

 

【インフルエンザにかかったときは】
 ▼具合が悪ければ早めに医療機関を受診しましょう。
 ▼睡眠を十分に取り安静にしましょう。
 ▼脱水症状にならないよう水分を十分に補給しましょう。
 ▼不織布マスクを着用するなど、周りの人にうつさないよう注意しましょう。
 ▼感染を広げないため、人が集まる場所での活動を可能な限り控えましょう。

 

【関連サイト】
 厚生労働省『インフルエンザ(総合ページ)』
 国立感染症研究所『インフルエンザ』

 

H28インフル_1.png

 

H28インフル_ページ_2.png

お問い合わせ

健康推進課
電話:098-840-8126