平成30年度 償却資産(固定資産税)の申告をお願いします

2017年12月18日

償却資産の申告について
 糸満市内に土地及び家屋以外の事業用資産(償却資産)を所有している法人又は個人は、地方税法383条に基づき、毎年1月1日現在における所有資産を申告していただくことになっています。
 つきましては「平成30年度償却資産(固定資産税)申告の手引き」をご参照いただき、申告用紙等に所要の事項を記入のうえ、期限内に申告をお願いいたします。

 平成30年度償却資産(固定資産税)申告の手引き.pdf(724KBytes)

申告期限  
平成30年1月31日(水)
※期限が近くなると、受付窓口が大変混雑します。早めに提出くださいますよう、協力お願いします。 

申告方法
 償却資産申告書を、糸満市税務課資産税係(市役所庁舎2階25番窓口)に提出、または郵送してください。また、電子ポータルシステム(eLTAX)による電子申告も可能です。
 税務署への申告内容は、糸満市には届きません。よって、糸満市にも申告が必要です。
申告書などの入手方法
 糸満市では、償却資産を所有している方に平成30年度償却資産申告書を平成29年12月15日付で送付していますが、申告書が届いていない場合は、糸満市税務課資産税係までご連絡いただくか、下記よりダウンロードしてご利用ください。
 償却資産申告書等のダウンロード 

申告書には個人番号(マイナンバー)、法人番号を記入してください
 平成28年1月1日以降、償却資産申告書に個人番号(マイナンバー)または法人番号を記入する必要があります。個人の場合は12桁の個人番号を、法人の場合は13桁の法人番号を「償却資産申告書」に記入してください。
 個人番号を記入した申告書を提出する場合、番号法(行政手続きにおける特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律)第16条の規定により、提出時に本人の個人番号および本人確認をさせていただく必要があります。申告の際に次の書類を添付してください。
(注)法人番号を記入した申告書を提出する場合、確認書類の添付は不要です。
(注)申告書の「控用」には、個人番号を記入しないでください。
(注)確認資料を郵送する場合は、委任状等代理権を証する書類を除き、原本ではなくコピー(写し)を送付してください。

 【本人が申告書を提出する場合】
 「個人番号カード」をお持ちの人・・・・・・・・・・・「個人番号カード」のみ
 「個人番号カード」をお持ちでない人・・・・・・・・・ 以下1と2の両方
  1 運転免許証、健康保険証など
  2 通知カードまたは個人番号を記載した住民票

 【代理人が申告書を提出する場合】
 以下1~3のすべて。
  1 申告者の個人番号カード、通知カード、個人番号を記載した住民票のうち1通(いずれもコピー可)
  2 代理人の個人番号カード、運転免許証、健康保険証など
  3 委任状、税務代理権限証書など代理権を証する書類
償却資産申告委任状.pdf(76.1KBytes)

    
    

お問い合わせ

税務課
資産税係(市役所2階25番窓口)
電話:098-840-8128
ファクシミリ:098-840-8153