臨時福祉給付金(経済対策分)について

2017年9月12日

 

■臨時福祉給付金(経済対策分)の申請受付は終了しました     

 臨時福祉給付金(経済対策分)の申請受付は、平成29年9月11日をもって終了しました。

 ご不明な点があるかたは 臨時福祉給付金担当 まで連絡してください。

【臨時福祉給付金担当】

電話番号 ☎098-840-8132

(10月31日まで) 糸満市役所 3階会議室e

(11月以降)    糸満市役所 1階社会福祉課 11番窓口

 

内容

臨時福祉給付金(経済対策分)は、平成26年4月の消費税率引上げによる影響を緩和するため、制度的な対応を行うまでの間の暫定的・臨時的な措置として支給するものです。
なお、今回は国の経済対策の一環として、平成29年4月から平成31年9月までの2年半分を一括して支給します。

支給対象者

1から4までのすべてにあてはまる方が対象です。

1.平成28年1月1日(基準日)時点で糸満市の住民基本台帳に登録(平成28年1月2日以降の市外転出者を含む)されている人
2.平成28年度分の市民税(均等割)が課税されていない人
3.平成28年度分の市民税(均等割)が課税されている人の扶養親族など※1ではない人
4.生活保護制度の被保護者などではない人

ただし、支給決定前に亡くなられた人は支給対象となりません。

非課税であることが確認できるように、平成27年中の収入に対する市民税の申告(および扶養家族(被扶養者)の申告)をしてください。申告をしていないと、非課税であるか課税であるかの判断ができません。申告の際に、扶養家族がいるにもかかわらず、税の申告書に記入されていない場合は、その扶養家族は「未申告」と判断されます。
※1・・・控除対象配偶者、配偶者特別控除における配偶者、扶養親族(16歳未満の年少者含む)、青色事業専従者及び白色事業専従者 

支給額

支給対象者1人につき15,000円(1回限り)

申請受付期間

平成29年4月10日(月)~平成29年9月11日(月) 午前9時~午後12時、午後1時~午後5時15分 ※土日祝日を除く。
ただし、6月10日(土)、11日(日)のみ休日受け付けを行います。
※郵送の場合は、申請期間内の消印まで有効です。
※申請期間を過ぎると、特別な理由がない限り受け付けできません。

申請受付窓口

糸満市役所3階会議室e 
※3回北側フロアになります。 

申請方法

支給対象と思われる人には、平成29年4月上旬に申請用紙を郵送いたします。
申請書が届いたら、必要事項を記入して添付書類と一緒に返信用封筒で返信してください(切手は不要です)。担当窓口でも受け付けます。申請書が届いた人でも、調査の結果により支給できない場合があります。また、支給対象と思われる人で4月中旬になっても申請書が届かない場合は、担当窓口までお問い合わせください。

留意事項

配偶者からの暴力を理由に避難している人で一定の要件を満たす方は、実際にお住いの市町村に申し出ていただくことで、「臨時福祉給付金(経済対策分)」の支給申請をすることができます。ただし、既に配偶者などが代理申請を行っていた場合は、「臨時福祉給付金(経済対策分)」の給付措置を受けることができない場合があります。

問い合わせ

臨時福祉給付金担当(社会福祉課)☎098-840-8132

関連サイト

(1)臨時福祉給付金(経済対策分)(厚生労働省:外部リンク)
(2)給付金を装った不審な電話・メールが発生しています。"振り込め詐欺"や"個人情報・マイナンバーの詐欺"にご注意ください。 (厚生労働省:外部リンク)