オリジナル作品の完成「壺屋焼き体験学習会」

2017年9月7日

高嶺中学校の2年生52人が9月7日、やちむん工房結の賀数郁美さんを講師に迎え、壺屋焼き体験学習会を行いました。

同学習会は、伝統工芸士などの職人が中学生に対して伝統的な工芸品の特性や技術、技法を伝えることにより、生徒が日本文化に触れ、伝統工芸品に関する興味や関心を高めてもらうことを目的に行われています。

生徒たちは、自宅の玄関や部屋にかざれる面シーサーを作成し、それぞれの個性が表現されたオリジナルの作品を作りました。

上原梨汐さんは「耳を作るのが難しかったです。ポイントは尖った歯です。初めての体験だったので楽しかったです」と話しました。

DSC_0004.JPGDSC_0007.JPGDSC_0014.JPGDSC_0019.JPG

お問い合わせ

秘書広報課
広報広聴担当
電話:098-840-8118