地域に開かれた施設を目指して「ノアーズ・ガーデン」開所

2018年4月20日

4月20日、児童心理治療施設ノアーズ・ガーデン開所式ならびに併設糸満市立三和中学校・米須小学校大度分校開校式が同施設で行われ、上原昭市長ほか関係者が出席しました。

児童心理治療施設ノアーズ・ガーデンは家庭環境、学校における交友関係その他の環境上の理由により、社会生活への適応が困難となった児童を短期間入所または通所させ、社会生活に適応するために必要な心理に関する治療および生活指導を主として行う施設で、大度分校はノアーズ・ガーデンに併設された義務教育を実施する学校です。

施設運営者である社会福祉法人友興会の清川浩志理事長は「児童心理治療施設として関係者と検討を重ね本日の開校に至りました。今後も関係機関と連携を図り、地域に開かれた施設として運用できるよう尽力していきます」とあいさつしました。
上原昭市長は「同施設が本市に設置されるにあたり、併設する学校について関係各位と協議を重ねてまいりました。教職員の皆さま、分校の教育目標である、自分を大切に、自信をもち、たくましく生き抜く子どもの育成をめざし、子ども達ひとりひとりに寄り添い、しっかりと育てていただくようよろしくお願いします」とあいさつしました。

ノアーズ・ガーデンについては(☎851-7323)、大度分校については(☎851-7684)まで。取り組みについて詳しくは学校教育課(☎840-8165)まで。

1.jpg3.jpg4.jpg7.jpg

お問い合わせ

秘書広報課
広報広聴担当
電話:098-840-8118