風をつかめ。海原を走れ「帆掛サバニ帆漕レース」

2018年4月22日

帆掛サバニで速さを競う「2018糸満市長杯帆掛サバニ帆漕レース」が4月22日、美々ビーチいとまんで開催され、県内外から11チームが参加し、仲間と息を合わせてゴールを目指しました。

同大会は、帆掛サバニの操船技術の継承や海洋文化の普及発展などを目的に開催されています。

スタートの合図で一斉にサバニを漕ぎ出し、沖合でそれぞれの帆を立てると海が色鮮やかな帆に彩られ、熱戦が繰り広げられました。1位でゴールした男源丸の徳元源船長は「沖合は波が荒かったので、帆を上げ下げしながら回りました。男女で1位、2位を獲得できたのでうれしいです」と話しました。

この取り組みについて詳しくは糸満帆掛サバニ振興会(☎992-1192)まで。

【結果】
1位 男源丸
2位 女源丸
3位 うみすばる

DSC_0197.JPGDSC_0228.JPGDSC_0233.JPGDSC_0289.JPGDSC_0300.JPGDSC_0305.JPG

お問い合わせ

秘書広報課
広報広聴担当
電話:098-840-8118