英語で思いを伝える「ジョン万次郎英語弁論大会」

2018年7月12日

「ジョン万次郎英語弁論大会」への派遣生徒選考会が7月12日に行われ、市内中学生4人が「ジョン万次郎への手紙」をテーマに、それぞれ英語で思いを発表しました。

同大会は国際社会に貢献する人材を育成するとともに、選考会を通して国際人の先駆けとなったジョン万次郎への理解を深め、青少年の夢を広げる機会とすることを目的に開催されています。

最優秀賞には「Dream of Manjiro in our hands(万次郎の夢を私たちの手で)」を発表した大城果鈴さん(高嶺中3年)。優良賞に與崎彩花さん(糸中2年)、ボルトン・ジョージ・千次郎さん(三和中2年)、徳里智晴さん(高嶺中3年)が選ばれました。大城さんは8月3日に高知県で行われる「ジョン万次郎英語弁論大会」に出場します。

大城さんは「講演会に参加したり本を読んで万次郎について勉強しました。今日は万次郎から学んだことを皆さんに伝えられたと思います。大会では出し切れなかった部分を磨いて望みたいと思います」と意気込みを話しました。

記事に関して詳しくは学校教育課(☎840-8165)まで。

徳里さんのスピーチ.jpg大城さんのスピーチ.jpg與崎さんのスピーチ.jpgボルトンさんのスピーチ.jpg会場の様子.jpg最優秀賞の大城さん.jpg集合写真.jpg

お問い合わせ

秘書広報課
広報広聴担当
電話:098-840-8118