「楽しみながら学ぼう」エプロンシアターの贈呈式

2018年8月8日

8月8日、糸満市役所にて市内55カ所の保育、教育施設へ「おべんとうバス」「じょうずに避難できるかな」「おべんとうバス劇ブック」などのエプロンシアターの贈呈式が行われました。
※エプロンシアターとは、エプロンを舞台に見立ててポケットから人形を出したり貼りつけたりしながら演じるエプロンの人形劇です。

この取り組みは人材育成事業の一環で行われ、0歳から5歳の園児を対象に、各年齢に応じた知識を楽しく伝え、学ぶ楽しさや知識が増える喜びに繋げる目的で購入されました。

安谷屋教育長は「このエプロンシアターを活用して、園児たちの健やかな学びに役立ててください」と話しました。

ちくば認定こども園の山城歩園長は「子どもたちのためにありがとうございます。関係施設みんなで大切に使わせていただきます」と話し、糸満南こども園の園児たちは「エプロンシアターをありがとうございます。おべんとうバスのお話しが大好きなので、みんなで楽しみます」とお礼の言葉を述べました。

贈呈式後には「おべんとうバス」の実演も行われ、園児たちはエプロンやポケットから次々と登場する人形たちに声を上げて楽しみました。

この取り組みについて詳しくは教育委員会総務課(☎840-8160)まで

エプロンシアターの贈呈.jpgエプロンシアターにくぎづけ.jpgエプロンシアターの実演.jpg南こども園の児童たち.jpg

お問い合わせ

秘書広報課
広報広聴担当
電話:098-840-8118