JAから小中学校へ種ジャガイモ贈呈

2018年11月9日

JA糸満支店青壮年部とJAおきなわ糸満支店が11月9日、子どもたちの食育活動に役立ててもらおうと、市内小中学校へそれぞれ種ジャガイモ10キロを贈呈しました。

この取り組みは、JAバンク食農教育応援事業を利用して、子どもたちの農業に対する理解の深耕を図り、日本の農業ファン層を拡大することを目的に行われています。

JA糸満支店青壮年部の山城孝介部長は「児童生徒が管理しやすいジャガイモ栽培を授業の一環として活用してください」と話しました。

贈呈を受けた安谷屋幸勇教育長は「毎年、多くの種ジャガイモを提供していただきましてありがとうございます。頂いたジャガイモはカレーパーティーなどで活用させていただきます」とお礼を述べました。

この取り組みについて詳しくは学校教育課(☎840-8165)まで。

DSC_0001.JPG

お問い合わせ

秘書広報課
広報広聴担当
電話:098-840-8118