総務省事業採択決定!地域おこし協力隊ビジネスアワード事業

2019年1月11日

総務省事業において、地域おこし協力隊の活動の充実や地域への定住・定着を更に促進するため、地域の課題解決や地域活性化に向けて、地方自治体の支援のもとで起業を取り組む隊員又は隊員OB・OGのビジネスプランを募集し、コンペティション形式で審査を行い「地域おこし協力隊ビジネスアワード事業」を実施したところ、糸満市の地域おこし協力隊の事業が採択されました。

【採択団体・事業名】
青森県弘前市 「hana-tsumi(ハナミツ)」
茨城県桜川市 「大泉さくらガーデンヒルズプロジェクト」
広島県東広島市「豊栄羊毛プロジェクト」
沖縄県糸満市 「公民館を活用した『半自治半X』」

地域おこし協力隊とは、総務省管轄の事業で人口減少や高齢化などに悩む地方自治体が都市住民を受け入れ「地域協力活動」に従事させ、あわせてその地域への定住・定着を図りながら、地域の充実・強化を目指す取り組みです。

平成29年度には全国で997自治体4,976人の地域おこし協力隊が在籍しており地域への定住・定着に取り組んでいます。

「地域おこし協力隊ビジネスアワード事業」採択団体.pdf(638KBytes)

お問い合わせ

市民生活環境課
電話:840-8123