新1年生に「いかのおすし」の下敷きプレゼント

2019年4月5日

糸満警察署と糸満地区防犯協会が4月5日、防犯標語「いかのおすし」の下敷きを贈呈するため、市役所を訪れました。

下敷きには、子どもたちが犯罪に遭わないための約束ごととして、「いかのおすし」と覚えやすいフレーズが描かれています。

糸満地区防犯協会の玉城安男会長は「市や学校などにはいかのおすしの周知を推進していただき、子どもたちへ声をかけてください」と話しました。
贈呈を受けて安谷屋幸勇教育長は「毎年、子どもたちのためにご協力をいただきありがとうございます。子どもたちがもしものときにすぐ行動できるよう、頂いた下敷きを有効活用させていただきます」とお礼を述べました。

頂いた下敷きは市内小学校の1年生に配布されます。

「いか」…知らない人についていかない
「の」…他人の車にらない
「お」…おごえでさけぶ
「す」…ぐ逃げる
「し」…何かあったらすぐらせる

この記事について詳しくは学校教育課(☎840-8165)まで。

DSC_0003.JPG

お問い合わせ

秘書広報課
広報広聴担当
電話:098-840-8118