交通事故ゼロを目指して「交通安全運動出発式」

2019年5月10日

5月11日から20日までの10日間、「春の全国交通安全運動」が展開されるにあたり、市役所で5月10日、出発式が開かれました。

同運動では「登下校 いつもの道こそ 要注意」をスローガンに、子どもと高齢者の安全な通行の確保と高齢運転者の交通事故防止、自転車の安全利用の推進、全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底、飲酒運転の根絶を呼びかけます。

式ではオプーニングセレモニーとしてすぎの子保育園の園児21人がダンスを披露した後、糸満市交通安全推進協議会会長の上原昭市長が「本日の出発式を契機に市民一人一人が、交通事故防止の決意を新たにされ、市民総ぐるみの交通安全運動を展開し、事故のない明るい糸満市を共に築きましょう」と呼びかけました。

この取り組みについて詳しくは市民生活環境課(☎840-8123)まで。

DSC_0001.JPGDSC_0011.JPGDSC_0027.JPG

お問い合わせ

秘書広報課
広報広聴担当
電話:098-840-8118