県内一のマンゴーの技術産地を目指して

2019年5月22日

糸満市農業戦略産地連絡協議会が5月22日、市役所会議室で「マンゴー産地活性化に向けた意見交換会」を開き、市内農家約30人が参加しました。

同会は地域農業振興総合指導事業の一環で行われ、生産農家を対象に意見交換会を行うことで、マンゴーの拠点産地としてさらなる産地活性化に向けた活動計画の策定、具体的な課題を共有することなどを目的にしています。

意見交換会では、「糸満市のマンゴー産地を盛り上げるためには何をするべきか」と題してさまざまな意見が交わされ、「技術力を各農家でそろえるためにはどうしたらよいか」「6次産業化について」「規格外のマンゴーを使った商品開発ができないか」など活発な議論が飛び交いました。

参加したマンゴー農家の國吉正弘さんは「農家を初めて9年になりますが、いろんな人の意見を聞ける情報交換の場はなかなかなく、悩みを共有したり解決策について聞くいい機会になりました。今後の生産に役立てていきたいです」と話しました。

本日出た意見は総合指導チームで練られ、農家やJA職員などが参加する事業推進会議に報告されます。

この取り組みについて詳しくは農政課(☎840-8134)まで。

意見交換の様子.jpg04.jpg05.jpg07.jpg

お問い合わせ

秘書広報課
広報広聴担当
電話:098-840-8118