糸満のくらし体感施設新築工事「安全祈願祭」

2019年6月3日

糸満のくらし体感施設新築工事の安全祈願祭が6月3日、糸満市公設市場跡地で行われ、上原昭市長や請負業者など関係者らが参列し工期中の無事故・無災害を祈願しました。

新築される「糸満のくらし体感施設」は、鉄骨造2階建て、延べ床面積1,389平方メートルで、市場体験、地域食材提供、地元産品加工販売、伝統文化などのエリアを設けるなど、地元の人だけではなく観光客など多くの人が糸満の魅力を体感できる施設を建築予定です。

上原市長は「同施設は、この地域に残されてきた相対売りなどの文化を残していき、そこに食の魅力や体験プログラムを付加することにより、多くの市民や観光客に糸満の魅力を感じていただきたいと考えています。工事期間中は糸満市中央市場商店会をはじめ、地域住民の皆さまにはご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いします」とあいさつしました。

この記事について詳しくは商工観光課(☎840-8137)まで。

DSC_0021.JPGDSC_0027.JPGDSC_0016.JPGくらし体感施設1.jpg

お問い合わせ

秘書広報課
広報広聴担当
電話:098-840-8118