フィフティーズ(50's)から人材育成事業へ30万円

2019年7月23日

平成17年から3年間、糸満小学校に勤務していた教員でつくる集まり「フィフティーズ(50's)」が、7月23日に市役所を訪れ、人材育成事業へ30万円を寄付しました。

人材育成事業とは、奨学金の給付や貸与のほか、児童生徒の文化やスポーツでの県内外への派遣など、糸満市の人材育成に取り組む事業です。

武内典子元校長は「勤務していた当時、支援を必要とする子どもたちをたくさん見てきました。我々にも何かできないかと思い、2014年から少しずつ積み立てを行い、今日にいたりました。今後も子どもたちがさまざまな分野で活躍していけるよう役立ててください」と話しました。

上原昭市長は「本市の子どもたちのために寄付していただきありがとうございます。子どもたちが文化やスポーツの分野で大きく育っていけるよう、有効に活用させてもらいます」とお礼を述べました。

人材育成事業について詳しくは教育委員会総務課(☎840-8160)まで。

アップ用.jpg

お問い合わせ

秘書広報課
広報広聴担当
電話:098-840-8118