補助金交付団体決定「市民のまちづくり事業」

2019年7月24日

糸満市市民提案型まちづくり事業で補助金交付の採択を受けた3団体が7月24日、上原昭市長を表敬訪問し、事業内容を報告しました。

糸満市市民提案型まちづくり事業は、住みよい地域社会の実現のために、地域の活性化や課題解決を自主的に取り組むまちづくり事業団体を応援する目的で行われ、採択団体には補助金が交付されます。

各団体の事業内容を聞いた上原昭市長は「素晴らしい提案ありがとうございます。提案があった事業を今後の街づくりにいかしていけるようアプローチをよろしくお願いします」と話しました。

この取り組みについて詳しくは市民生活環境課(☎840-8123)まで。
※1_団体名や事業内容など詳しくは画像の下に記載されています。※2_活動に関しては「まちテラスTV」でも配信しています。 

(左から)bodo、糸高PTA、IOTクラブ.jpg

①まちなか工作所bodo ★週末ものづくり~weekend make it!~
ワークショップなどを通してものづくりの道具に触れてもらい、ものづくりを楽しむ機会を提供する。定期開催企画を計画し、ものづくりをもっと身近に感じてもらう。
①糸満高校PTA ★糸高生提案型まちづくりキャリア教育プロジェクト
糸高生の進路に対する視野を広げるため、県外講師などを招きワークショップ、講演会、プレゼン大会を行う。進路を通して社会問題やまちづくりに対して考える機会を作る。
③糸満IOTクラブ ★糸満市をITの街に
ITの街糸満を目指し、県内高校とイベントを開催。県外の成功事例や沖縄県の施策を交えたパネルディスカッションなどを行い、専門性を持った子どもたちを育てる。

お問い合わせ

秘書広報課
広報広聴担当
電話:098-840-8118