地域の防災意識高め「名城自主防災会」

2019年7月26日

名城自治会がこのほど、自主防災会を結成し、その承認書交付式が7月26日、市役所で行われ、上原昭市長から伊敷幸昌会長へ承認書が手渡されました。

承認証は防災会の存在や活動をPRし、防災会未結成の自治会に向けて結成を促す目的で交付されています。今回交付を受けた名城自治会は、市内9カ所目となる自主防災組織として、今年の4月に結成されました。

伊敷会長は「念願だった地域の防災組織を結成することができ嬉しく思います。台風後の対策や建設予定のホテルとの避難連携などに取り組み、地域、市のために努力していきたいです」と話しました。

上原市長は「災害が発生した場合にいかに早く対応できるかが被害縮小へつながりますので、自主防災会の活動が活発になり、災害時の迅速な連携に繋がることを期待しています」と話しました。

この記事について詳しくは総務課(☎840-8245)まで。

交付証と伊敷会長(中央).jpg

お問い合わせ

秘書広報課
広報広聴担当
電話:098-840-8118