13人の代表選手「スポーツを楽しみたい」

2019年9月26日

10月5日に沖縄県総合運動公園陸上競技場などで開催される「第55回沖縄県身体障害者スポーツ大会」を前に9月26日、糸満市選手団結団式が市役所で行われました。

同大会は、体力の維持や社会参加の促進などを目的に開催され、糸満市からは陸上などに13人の選手が出場します。

団長の豊平朝清さんは「障害のある人にとって、スポーツは社会参加の機会であるほか、リハビリや健康寿命をのばすことにも繋がっています。今大会でも精一杯スポーツを楽しんでいきたい」とあいさつしました。

出場選手を代表して徳元清勇さんが「健康管理を十分に行い、楽しく競技参加することを誓います」と宣誓しました。

上原昭市長は「代表の皆さんには本市の代表として日ごろの練習の成果を発揮し、活躍することを期待します。また新たな可能性に挑戦し、怪我なく思い出深い大会としてください」と激励のあいさつをしました。

同大会について詳しくは社会福祉課(☎098-840-8130)まで。

選手団のみなさん.jpg選手宣誓をする徳元さん.jpg代表挨拶をする豊平会長.jpg集合写真.jpg

お問い合わせ

秘書広報課
広報広聴担当
電話:098-840-8118