糸満市の将来を考える「いといとゆんたく超会議」

2019年11月4日

糸満市の10年後を話し合って描くワークショップ「いといとゆんたく超会議」が11月4日、糸満市農村環境改善センターで開かれました。

この取り組みは、糸満市の総合計画を策定するにあたり、市民の声を聴く機会としてワークショップを開き、各世代から発せられる市民ならではの意見を聴取することを目的に行われています。

会議では参加した約30人の市民らが5グループに分かれ、2021年から30年の10年間でどんな糸満市にしたいかを予算のことも検討しながらシミュレーションを行った後、グループごとに発表し、意見を交わしました。

上原朱璃さん(高中2年)は「糸満市のことについて学びたかったので参加しました。将来は、みんなが笑って生活できる明るいまちになってほしいです」と話しました。

この取り組みについて詳しくは糸満市市民活動支援センターまちテラス(☎851-8002)まで。

DSC_0023.JPGDSC_0042.JPGDSC_0051.JPGDSC_0056.JPGDSC_0066.JPGDSC_0069.JPG

お問い合わせ

秘書広報課
広報広聴担当
電話:098-840-8118