糸満市で「ラウンドアバウト」のサミット開催

2019年11月22日

ラウンドアバウト(環状交差点)の普及促進を図る「ラウンドアバウトサミットinいとまん」が11月21日、22日の両日、糸満市で開催され、県内外から約310人が参加しました。

信号機がないラウンドアバウトは2014年9月の改正道路交通法施行を機に全国で導入が進み、交通の円滑化や事故の減少、環境・防災面などで効果があるとされています。

初日はサザンビーチホテル&リゾート沖縄で関係者の講演や自治体の取り組みが発表された後、交流会が開かれ、関係者は情報交換を行いながら親睦を深めました。

上原昭市長は「本日は、県内はもとより遠路はるばる全国各地から沖縄本島最南端の糸満市へお越しいただき、誠にありがとうございます。本市では糸満ロータリーラウンドアバウトのほかにも、市内に3カ所のラウンドアバウトを計画しており、ラウンドアバウトのまちとして、県内外に広く発信していきたいと考えています。今回の講演会や現場視察が、皆さまにとって有意義な時間になることを期待しています」と歓迎しました。

2日目は糸満ロータリーラウンドアバウトと、うるま市ラウンドアバウトの現場を視察しました。

ラウンドアバウトサミットinいとまんについて詳しくは都市計画課(☎840-8141)まで。

DSC_0052.JPGDSC_0066.JPGDSC_0090.JPGDSC_0138.JPGDSC_0150.JPGDSC_0154.JPG

お問い合わせ

秘書広報課
広報広聴担当
電話:098-840-8118