麻しん(はしか)抗体検査の県補助スタート2月末まで 風しんは3月末まで

2020年1月28日

 はしかは、かつて県内において乳児の死亡例もあり、平成30年度には海外からの旅行者により、県内全域に感染者が急増し、緊急警報が発令されたという事態がありました。20代から40代の男性に最も感染が拡がりました。

 沖縄は観光地であり、今後も常に感染には備えておかなければなりません。また、風しんは妊婦がかかると赤ちゃんに感染し、先天性風しん症候群(難聴、心疾患等)を引き起こすおそれがあります。妊婦は予防接種を受けられません。

 周りの方々が抗体力を持ち、集団感染を抑え妊婦に感染させないことが大切です。

 県では、20歳以上の方に、期間限定の「はしか及び風しんの抗体検査の助成事業」を実施しています。予算がなくなり次第終了となりますので、該当する場合は早めに検査を受けられるようお知らせします。

※下図のフローチャートにより、対象であるかご確認ください。

◆はしか・風しんチャート.jpg

 

麻しん(はしか)・風しん抗体検査(S37.4.2~S54.4.1生まれの男性を除く)

上記対象の方でご質問等がある方は、沖縄県地域保健課へお願いします。

☎098-866-2215   沖縄県地域保健課

南部地区医療機関一覧.pdf

イエスノーフローチャート.pdf

麻しん(はしかQ&A).pdf

S37.4.2~S54.4.1生まれの男性は糸満市が風しんの抗体検査を助成します。 

対象者の方に無料検査券(青の封筒)を送付しています。

お手元にない方は健康推進課までお電話ください。

麻しん(はしか)風しん(検査の結果抗体が基準値以下の方は、はしか・風しんの予防効果のあるMRワクチン約10,000円の予防接種が無料で受けられます。

 

お問い合わせ

健康推進課
電話:098-840-8126