大里A、5年ぶり王座奪還「少年少女駅伝大会」

2019年12月8日

「第36回糸満市少年少女駅伝大会」が12月8日、西崎陸上競技場で行われ、各自治会から20チームが出場しました。

同大会は「つなげよう チームの絆を 一つのたすきに」をテーマに、児童生徒が駅伝に親しみ、仲間との絆を大切にすることで、心身ともに健全で心豊かな子どもを育成することを目的に行われています。

大会は、小学4年生から中学生までの12区間で競い合い、大里Aが5年ぶりに王座を奪還しました。大里Aのアンカーを走った島袋来基さんは「5年ぶりに優勝できたのでとてもうれしいです。みんなの応援が力になりました」と話しました。

大会終了後には、駅伝に出場していない子どもたちが参加できる「みんな集まれ!タイムトライアル競争」が行われました。

大会について詳しくは社会体育課(☎840-8164)まで。

【大会結果】
1位 大里A 2位 真栄里チャレンジ会A 3位 米須あすなろ会A

DSC_0003.JPGDSC_0009.JPGDSC_0028.JPGDSC_0080.JPGDSC_0051.JPGDSC_0097.JPGDSC_0139.JPGDSC_0154.JPGDSC_0164.JPG

お問い合わせ

秘書広報課
広報広聴担当
電話:098-840-8118