スポーツのバトンを繋げて。ドームがスポーツ用品寄贈

2019年12月18日

市内児童施設へスポーツ用品を寄贈するにあたり、株式会社ドームの関係者が12月18日、市役所を訪れ、上原昭市長を表敬訪問しました。

この取り組みは、株式会社ドームのスポーツを通して社会を豊かにする地域貢献活動の一環で行われ、今年4月に引き続き2回目の寄贈となります。頂いたただいたスポーツ用品は袋中園とノアーズ・ガーデンへ寄贈されます。
※関連記事→「株式会社ドームが児童施設にスポーツ用品の寄贈」

株式会社ドームの森広晴康総務企画部長は「スポーツ用品を受け取った子どもたちが、やってもらったことを次代に受け継いでもらうことで、いいバトンを繋いでいけるよう取り組みを続けています。スポーツ用品を通してスポーツへの興味関心を持ってもらい、健康作り、体力作りの一助になってほしいです」と話しました。

上原市長は「前回に引き続き、沖縄県内の子どもたちのために尽力くださりありがとうございます。前回スポーツ用品を受け取った子どもたちから好評と聞き大変喜ばしく思います」とお礼を述べました。

この記事について詳しくは学校教育課(☎840-8165)まで。

寄贈されたシャツ.jpg

お問い合わせ

秘書広報課
広報広聴担当
電話:098-840-8118