住民票・マイナンバーカード等への旧氏併記について

2019年12月23日

 令和元年11月5日から住民基本台帳法施行令等の一部が改正され、本人からの申し出により、住民票、マイナンバーカード等に旧氏(旧姓)を併記することができるようになりました。

 これにより、婚姻等で氏に変更があった場合でも、従来称してきた氏を住民票に記載したうえで、マインナンバーカードと公的個人認証の署名用電子証明書に記載し、公証することができるようになります。

旧氏(旧姓)が併記されるもの

・住民票の写し

・住民票記載事項証明書

・マイナンバーカードまたはマイナンバー通知カード

・印鑑登録証明書(令和元年12月20日~)

*旧氏が併記された印鑑登録証明書の発行については、市役所窓口発行のみとなっています。コンビニ発行については、システム改修後に市ホームページにてお知らせします。

<注意>

・旧氏併記後にこれらの証明書等の請求があった場合、旧氏を省略して交付することはできません。

手続きに必要なもの

・戸籍謄本等(現在の戸籍)

 ただし、現在の戸籍に記載を求める旧氏が載っていない場合は、「記載を求める旧氏の記載がある除かれた戸籍」から「現在の戸籍」に繋がるまでの、関係する全ての戸籍謄本等及び除籍謄本等が必要です。

・本人確認書類(運転免許証、個人番号カード、パスポートなど)

・旧氏併記にかかる申請書(市民課窓口)

 

 詳しくは総務省ホームページをご覧ください。

・住民票、マイナンバーカード等への旧氏の併記について(総務省)

 

お問い合わせ

市民課
窓口係
電話:098-840-8125
ファクシミリ:098-840-8151