児童虐待死事案の糸満市における検証報告書公表

2020年3月25日

児童虐待死事案の糸満市における検証報告.pdf(1.75MBytes)

市長コメント

  令和2年3月23日付、糸満市要保護児童対策地域協議会代表者会議(以下「要対協」という。)の会長から児童虐待死事案の検証結果の報告を受けました。

 事件から約1年の間に、要対協の代表者会議と実務者会議で合わせて計11回の検証会議が実施され、関係機関に対して25項目の課題のご指摘がありました。

 検証における課題や対応策については、真摯に受けとめまして、業務の見直しや体制強化を図り、改善に努め、二度とこのような事案が起こらないよう、子どもの声に耳を傾け、子どもにとって最善の利益になるよう、再発防止に取り組んでまいります。

  最後に亡くなられた児童のご冥福をお祈りいたします。

教育長コメント

  児童虐待死事案に関する糸満市の対応等について、昨年2月から約1年に渡り、糸満市要保護児童対策地域協議会で検証が行われてきました。

  検証報告書の中では、糸満市教育委員会及び学校に対する課題と提言が示されております。それらを真摯に受け止め、体制の強化、業務見直しを図るとともに市長部局と連携しながら児童虐待防止に取り組んでまいります。

  最後に、本児のご冥福をお祈りいたします。

 

 

関連ワード

お問い合わせ

こども未来課
こども未来係
電話:098-840-8191
ファクシミリ:098-840-8154