寄贈物資(医療用ガウン)の提供

2020年7月28日

新型コロナウイルス感染防止に役立ててもらうため医療用ガウンを7月28日付けで糸満市から南部地区医師会糸満班および糸満市内高齢者施設へ提供しました。
寄贈した物資は、7月16日に一般社団法人国際医療推進会さまから寄贈いただたいたものです。

寄贈いただいた物資の提供にあたり當銘市長は「今回提供する物資は、医療・介護に携わる方の感染防止に役に立つ医療物資だと思います。医療の最前線で働く皆様には感謝と敬意を表すとともに、提供する物資を有効活用し今後とも市民の皆様の健康推進にご協力ください。」と話しました。
物資の提供を受け南部地区医師会糸満班の班長きのしたこどもクリニックの木下玲子院長は「県内でも感染拡大が続く中、今回の医療物資の提供は医療現場の最前線で働く医療従事者には何よりの贈り物です。南部地区医師会糸満班の各医療機関に提供したいと思います。」と話しました。
また、糸満市内高齢者施設を代表して株式会社いちまん会の上原亮代表取締役は「感染リスクを最小限に抑えながら施設利用者へ元気と笑顔を届けれるように日々努力して行きたいと思います。ご支援ありがとうございます。」と話しました。
この記事について詳しくは健康推進課(☎840-8126)まで。
一般社団法人国際医療推進会さまから医療用ガウンの寄贈に関する記事はこちら。

医療用ガウン贈呈.JPG 

お問い合わせ

健康推進課
電話:098-840-8162