新型コロナウイルス感染拡大に伴う市長メッセージ

2020年8月28日

市民の皆さまへ 市長メッセージ 令和2年8月28日更新

 市民の皆様、新型コロナウイルス感染予防対策にご理解とご協力を賜り心から感謝申し上げます。
 県内においては新型コロナウイルスの感染が若者から高齢者へと拡大し、7月以降の陽性者数が、8月28日現在で県内陽性者1,914名、糸満市居住者121名と急速に増加しております。加えて県内全域でクラスターも発生し、死亡者数も増加するなど、感染が拡大しております。
 お亡くなりになられた方々の御冥福をお祈り申し上げますとともに、罹患された方々の1日も早い回復を心より願っております。
 そして、私たちの健康を守るために医療の現場で日夜必死に奮闘されている医療従事者並びに職員の皆様に、心より敬意を表し感謝申し上げます。
 沖縄県は、「医療提供体制については、8月中旬をピークに療養者数、病床占有率、重症者用病床占有率、ともに改善傾向にあるものの、引き続きひっ迫した状況にあり、さらに入院者に占める高齢者の割合が増加し、重症化リスクと入院の長期化が懸念される。」等として「このような状況から、沖縄の旧盆の時期と重なる8月30日から9月5日までの期間は、警戒を続けながら感染の収まりを見極める警戒監視期間とし、緊急事態宣言を延長する。」として、再度沖縄県全域において不要不急の外出自粛をお願いしております。
 本市につきましては、未だ予断を許さない状況が続いております。
 市民の皆様には、今一度「新しい生活様式」に即した感染予防策の徹底をお願いいたします。特に旧盆の際には、親族の集まる人数を最少にすることや、マスクの着用、室内の換気、こまめな手洗い、時間の短縮、三密の回避等感染予防策の徹底をお願いします。
 加えて、感染リスクは誰にでもあることをご理解いただき、感染者やそのご家族に対する差別的扱いや偏見等が広がることがないようお願いいたします。
 大切な人の命を守るためには、私たちの感染予防行動が何よりも重要となります。
 この苦難を乗り越えるためには、市民一丸となって感染予防対策に取り組む必要がありますので、今後とも市民の皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

 糸満市長 當銘 真栄
(糸満市新型コロナウイルス感染症対策会議本部長)

これまでのメッセージ
【8/5】市長メッセージ.pdf(472KBytes)
【8/4】市長メッセージ.pdf(105KBytes)  市長メッセージ(動画)
【8/3】市長メッセージ.pdf(115KBytes)
【8/1】市長コメント_防災無線放送内容.pdf(71.1KBytes)
【7/30】市長コメント.pdf(147KBytes)
【7/29】市長メッセージ.pdf(142KBytes)
【7/25】市長メッセージ.pdf(45.5KBytes)
※7月分以前の市長メッセージはこちらをクリックしてください。