女子サッカー「カーサー・オキナワ・アレ」県大会優勝および派遣報告

2020年10月15日

女子サッカーチームcasa okinawa ale(カーサ・オキナワ・アレ)に所属する三和中学校の幸地りみさんと監督の塩川健勇さんがフットサル県大会優勝報告および九州大会の派遣報告のため、糸満市役所を訪れました。
カーサ・オキナワ・アレは昨年4月に発足した女子サッカーチームで、OFA第11回沖縄県U-15女子フットサル大会で優勝、KYFA第25回九州女子U-15サッカー選手権大会、第11回九州U-15女子フットサル大会や、第24回九州U-18女子サッカー選手権大会の派遣が決まるなど、すばらしい成績を収めています。

優勝および派遣報告にあたり塩川監督は「チームは去年4月から立ち上げましたが、県内から素晴らしい選手が集まっています。将来的には、なでしこジャパンに選出されたり、糸満から世界と競える選手を育成していきたい」と話し、幸地さんは「試合にでて通用するプレーをしたいです」と話しました。
報告を受けた當銘真栄市長は「優勝おめでとうございます。糸満の子どもたちが夢を持てるよう幸地さんには頑張ってもらいたいです。九州・全国で糸満の人が活躍することを期待しています。良い報告を待っていますので、九州大会も楽しみながら頑張ってきてください」と激励しました。

DSC_0021.JPG