【事業者向け】特別支援学校等の臨時休業に伴う放課後等デイサービス利用者負担額補助事業について

2021年1月13日

 

1. 趣旨

 特別支援学校等の臨時休業により、令和2年3月2日から春休みの開始までの間に、放課後等デイサービスの利用量が増加したことに伴う利用者負担の増加分(以下、「利用料のかかりまし分」という。)を補助する事業を実施します。

 

2. 補助対象の内容

(1)特別支援学校等の臨時休業に伴い、新たに障害児通所支援給付費の支給決定(以下「支給決定」という。)を受けた児童が放課後等デイサービスを利用した場合に、事業所が支給決定保護者に対して利用料(実費負担を除く。以下同じ。)を請求する場合であって、事業所が利用者負担額の全額を一時的に負担した費用。

(2)特別支援学校等の臨時休業開始前から支給決定を受けていた児童であって、臨時休業に伴い令和2年3月当初の利用予定日数より多くのサービスを利用したと本市が認めたものについて、利用の増に伴い増加した報酬の差額(以下「サービス増加分報酬差額」という。)について、事業所が支給決定保護者に対して利用料を請求する場合であって、請求総額のうち事業所がサービス増加分報酬差額に係る利用者負担額を一時的に負担した費用。

(3)特別支援学校等の臨時休業開始前から支給決定を受けていた児童について、放課後等デイサービスの基本報酬単価が授業終了後の単価から学校休業単価に切り替わることにより増加した報酬の差額(以下「休業日切替分報酬差額」という。)について、事業所が支給決定保護者に対して利用料を請求する場合であって、請求総額のうち休業日切替分報酬差額に係る利用者負担額をサービス提供事業所が一時的に負担した費用。

(4)特別支援学校等の臨時休業に伴って営業時間前の支援時間が増加した児童について、当該営業時間前の支援により算定した児童福祉法に基づく指定通所支援及び基準該当通所支援に要する費用の額の算定に関する基準(平成24年厚生労働省告示第122号)別表第3の10に定める延長支援加算(以下、「延長支援加算」という。)の算定単位数が臨時休業開前より増加したと本市が認めたものについて、事業所の営業時間前の延長時間に追加的に支援を提供した児童について、事業所が支給決定保護者に対して利用料を請求する場合であって、請求総額のうち延長支援加算に係る利用者負担額について、事業所が一時的に負担した費用。

 

3. 提出書類

 「2. 補助対象の内容」に該当するかかりまし分の利用者負担額について、一時的に負担した放課後等デイサービス事業所は、次の書類を提出してください。

(1)糸満市特別支援学校等の臨時休業に伴う放課後等デイサービス利用者負担額補助金交付申請書(34.3KBytes)
(2)実績報告書(34.3KBytes)
(3)個人計算シート(提出用No.2)の写し(※児童ごとに)
(4)国保連伝送請求の明細書の写し(※児童ごとに)

 

4. 提出期限・提出方法

提出期限:令和3年29日(金)12時

提出方法:郵送、窓口のいずれかの方法で提出してください。
 ・郵送・窓口 〒901-0392 糸満市潮崎町1丁目1番地 糸満市役所 社会福祉課 障害福祉係 本村宛て

 

5. そのほかの事項

 ・令和2年4月以降提供分の利用者負担額の補助に係る算定様式の提出については、後日別途依頼する予定です。

お問い合わせ

社会福祉課
障害福祉係
電話:098-840-8103
ファクシミリ:098-840-8152