美らキャロット贈呈式を行いました♪

2021年2月3日

2月3日は「にんじんの日」です。糸満市では、毎年、農業戦略品目であるニンジン(美らキャロット)の普及、産地力強化および消費拡大や食育の啓発活動を目的に毎年「美らキャロット収穫祭」を開催していますが、今年度は新型コロナウイルス感染拡大の影響もあり、美らキャロットの贈呈式のみ開催されました。
JA沖縄糸満支店の新垣久志支店長は「喜屋武地域で開催される収穫祭をとおして土に触れ、農業に親しみを感じる機会だったので、中止になり寂しいです。糸満産の美らキャロットを食べて学校生活を有意義に過ごしてほしいです。」と話し、生産農家あいさつとして徳嶺義武さんは「収穫祭は開催できませんでしたが、来年こそは今年の分まで大きく開催したいのでご協力お願いします」と話しました。
美らキャロットの贈呈を受けた幸地教育長は「美らキャロットの贈呈ありがとうございます。1粒の種がこのように立派に成長しているのは、生産者の日々の努力のおかげだと思います。皆さんが丹精込めて育てた美らキャロットは、学校給食で児童生徒に振る舞います」と感謝を伝えました。
糸満市農業戦略産地連絡協議会およびJAおきなわ糸満支店から合計265㎏の美らキャロットが贈呈され、本日(2月3日)の学校給食(「マーボートウガン」、「キャロットサラダ」)で振る舞われます。

DSC_0007.JPGDSC_0011.JPG