【7/21】集中行動抑制期間に伴う沖縄県対処方針の変更について

2021年7月30日

 市民の皆さまにおかれましては、日ごろより新型コロナウイルス感染症対策にご協力いただきましてありがとうございます。

 沖縄県は、第4波の影響を脱していない状況の中で感染者数の増加傾向がみられるほか、感染力の強いデルタ株の感染が拡がっていることから、7月22日から7月31日までの期間を「集中行動抑制期間」として更なる感染対策の徹底と、改めて不要不急の外出自粛(ステイホーム)などを要請するため、「緊急事態措置に係る沖縄県対処方針」を変更いたしました。

 市民の皆さまにおかれましては、沖縄県がとりまとめた「特措法に基づく緊急事態措置に係る沖縄県対処方針(令和3年7月21日変更)」の主旨をご理解いただき、同対処方針に基づく取り組みを実施していただきますようご協力お願いします。

特措法に基づく緊急事態措置に係る沖縄県対処方針について(令和3年7月21日変更).pdf(245KBytes)