上原さんと山城さんが永井隆平和賞受賞報告

2021年10月22日

島根県雲南市などが主催する「第31回永井隆平和賞」で糸満南小学校4年生の上原諒さんが小学校高学年の部で最優秀賞、高嶺中学校3年生の山城万奈美さんが中学生の部で佳作をそれぞれ受賞し、その報告をするため10月21日(金)糸満市役所を訪れました。
この賞は、原子爆弾により白血病に侵されながらも世界に平和を訴え続けた永井隆博士の精神を受け継ぎ「愛」と「平和」をテーマとした作文を全国から募集するもので、今年度は全国から1,064作品の募集がありました。
上原さんは「お母さんに勧められて応募して、最優秀賞を受賞することができて嬉しい」と、山城さんは「受賞できると思わなかったので驚きました」とそれぞれ感想を話しました。
受賞の報告を受け當銘市長は「受賞おめでとうございます。自身の経験や祖父母の戦争体験などを聞いたことを文章にし、さらに賞をもらうことはとてもすごいことで、感動しています。糸満市としても世界に平和を発信し続けていけるよう、これからも協力してほしい」と話しました。

DSC_0072_HP.jpg