「糸満市空家等対策計画」について

2022年4月1日

近年、全国的に人口及び世帯数が減少している中、糸満市(以下「本市」という)では、全国の傾向と異なり、人口及び世帯数が増加しているが、既存の住宅・建築物の老朽化や、個別の事情により使用されていない住宅・建築物が年々増加してきています。空家等になったにも関わらず、適切に管理が行われないまま放置されている空家等は、防災・防犯・安全・環境・景観等に問題を生じさせ、ひいては地域住民の生活環境に悪影響を及ぼしているものもあり、早急な対策が求められています。
国は、この空家等問題の抜本的な解決策として、平成27年5月に「空家等対策の推進に関する特別措置法」(以下、「空家等特措法」という。)を施行し、沖縄県では、空家等対策の実施などについて検討を行っており、平成30年11月には、「沖縄県空家等対策モデル計画各種マニュアル等」を策定し、県内の市町村が、空家等への対策計画策定時の際に参考としての活用を促しています。
そのような背景の中で本市では、空家等の利活用の促進や生活環境の保全及び安全なまちづくりに資するための「糸満市空家等対策計画」(以下、「空家等対策計画」という。)を策定いたしました。

 

糸満市空家等対策計画_本編.pdf(25.4MBytes)

糸満市空家等対策計画_概要版.pdf(3.15MBytes)

 

 

空家イラスト帯.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

関連ワード

お問い合わせ

建設課
市営住宅係
電話:098-840-8138